最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書)

  • 67 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 李栄薫・編著 .

    Download 中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書) 本 Epub や Pdf 無料, 中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書), オンラインで書籍をダウンロードする 中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書) 無料で, 本の無料読書 中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  渡部悦和
    • レーベル:  扶桑社BOOKS新書
    • シリーズ名:  中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札
    • 発売日:  2018年05月11日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4915183110001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    我が国は人民解放軍の脅威を正しく認識し、適切に対処しようとしているであろうか?


    ・習近平の中国の夢は米国を追い越し、世界一の国家になることであるが、習近平の野望を実現するために不可欠な組織は人民解放軍である。・我が国においては、人民解放軍の実力を低く評価する(低く評価したがる)傾向や反対に高く評価しすぎる傾向があるが、21世紀に入り急激に戦力を増強し続けている人民解放軍を事実に基づいて客観的に評価すべきである。・過去、特に1990年以前において二流の軍隊であった人民解放軍は、2018年時点において米軍も一目を置かざるを得ない軍隊に成長している。2000年からの20年間における驚くべき軍事力増強は事実であるし、2020年代以降もさらに戦力を増強することになる。

    ・中国は自国で世界最先端の航空エンジンを開発できないので、米国やロシアの技術を盗用している。善悪とか倫理を超越して目的のためには手段を選ばない中国のやり方は、逆説的だが中国の強みであり、我が国にとっての脅威である。

    ハリー・ハリス米太平洋軍司令官は2018年2月14日、米下院軍事委員会で証言し、「中国が急速に軍備増強を進め、間もなくほぼ全ての分野で米国と競合することになるだろう。米国が後れを取れば、太平洋軍は将来戦場で人民解放軍に苦戦を強いられることになる。戦争遂行能力が重要で、それがなければ、張子の虎だ。我々は紛争を望みはしないが、米国は起こりうる中国との紛争に備えなければいけない」と危機感をあらわにしている。このハリス大将の認識は、人民解放軍と対峙する米軍の第一線指揮官の認識であり、無視すべきではない。そして、ハリス大将の認識は、日本防衛の最前線で人民解放軍と対峙する自衛官の共通認識でもある。人民解放軍の質量ともの進化と脅威を認めざるを得ないのだ。


    本書では人民解放軍研究の第一人者たる著者が、米国の研究機関、第一級の同軍研究論文や関係者から得た情報を基に、目まぐるしく変貌して先鋭化していく人民解放軍の現状を分析、軍事的知識がなくてもその全貌を理解できるように解説している。現実的な脅威を知るための必読書である。

あなたも好きかもしれません

中国人民解放軍の全貌 習近平 野望実現の切り札 (扶桑社BOOKS新書) by 李栄薫・編著 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、現代の中国軍の野望が書いている本ですね。
中国軍が東は太平洋の半分を、西は、アフリカ、ヨーロッパまで影響を与えて、歴史的に言えば、モンゴル帝国を上回るほどの大帝国を目指している事がわかりますね。
とても体系的に、わかりやすく、解説しているので、2018年の本ですが、とても理解しやすいですね。
多角的に、中国軍を研究しているので、値段的にお薦めの本になっていますね。
ただ、中国の国内には、昔の孫文みたいな民主主義と資本主義の両立を目指している人間もいるのですが、粛清されているので、残念ですね。
惜しいのは、第二次オバマ政権が、「航行の自由作戦」を南シナ海で行わず、中国の南シナ海の基地化を許してしまったことですね。アメリカ民主党は、基本的に、中国寄りの人間が多いので、バイデン大統領になってから、果たして、どこまで、中国にしっかりと、牽制をしてくれるのかが問われることでしょうね。
また、アメリカ議会は、民主党も共和党も、中国が資本主義の後は、民主主義体制を行うと思っていたのに、習近平がトップになって、独裁を始めてしまったので、裏切られたと思っている事が大事ですね。ウイグル、香港などをの民主主義を潰し、時代に逆行している中国の独裁体制は、続かないでしょう。
西側は、アメリカ、日本、オーストラリア、インドの四か国が、太平洋版NATOを作って、中国の軍事的脅威をけん制する体制が整いつつあります。もしかしたら、中国軍をけん制するために、アメリカは、一発、空母を攻撃して、戦争が始まるかもしれませんね。おそらく、台湾の周辺で、戦争は、始まる可能性は高いかもしれません。
ただ、軍事的な衝突は、アメリカ軍にとっても、被害が出る可能性が高いので、アメリカが「ドル決済の停止」を中国に行って、中国に対する経済制裁を行って、中国経済を潰しにかかる可能性が一番考えられるシナリオですね。アメリカは、中国に対して、民主主義と資本主義の両立をする事を約束させた見返りに、WTOなどで、最恵国待遇を与えていたのに、裏切った代償は、大きなものになると思いますね。
最後に、日本外交も、これからも、日米同盟を強化しつつ、オーストラリア、インドだけでなく、台湾やASEAN諸国とも協力して、中国を囲碁のように、取り囲んで、これ以上の軍事的野心を潰す外交・安全保障政策が求められると思いますね。