最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫)

  • 44 読みたい
  • 28 現在読んでいるもの

発行元 伊藤邦武 .

    Download 増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫) 無料で, 本の無料読書 増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小坂井敏晶
    • レーベル:  ちくま学芸文庫
    • 発売日:  2020年05月29日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591229696550
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人間は自由意志を持った主体的存在であり、自己の行為に責任を負う。これが近代を支える人間像だ。しかし、社会心理学や脳科学はこの見方に真っ向から疑問を投げかける。ホロコースト・死刑・冤罪の分析から浮き上がる責任の構造とは何か。本書は、自由意志概念のイデオロギー性を暴き、あらゆる手段で近代が秘匿してきた秩序維持装置の仕組みを炙り出す。社会に虚構が生まれると同時に、その虚構性が必ず隠蔽されるのはなぜか。人間の根源的姿に迫った著者代表作。文庫版には自由・平等・普遍の正体、そして規範論の罠を明らかにした補考「近代の原罪」を付す。

あなたも好きかもしれません

増補 責任という虚構 (ちくま学芸文庫) by 伊藤邦武 ダウンロード PDF EPUB F2